FC2ブログ
痛風男の備忘録
怪異譚に憑りつかれた、或る男の半生を綴ります。
生きてます。
このブログを放置して約3ケ月強。
相変わらず自室の壁はガタガタ謂ってるし、
枕からの話声も絶える事はなさそうだ。

然し、そんな事くらいで悩んでいたら、
やってられないので、
取り敢えずは‟様子見”を決め込んでいる。

そんな事より・・・


私は今、千葉県から、
障害者の芸術活動の推進に関する
計画策定の委員を任されている。

様々な分野の専門家が集っている中、
私は一応、精神障害者の代表として、
会議に参加させて頂いている。


一昨日、千葉県庁の方で、
第一回目の懇談会が開かれた。

色々と思う所は在るが、
私は特に遠慮せず、
言いたい事は言わせてもらった。


総じて障害者が創り出す作品は、
何れも各分野から高評価を得ている。

ハンディを抱えながらも、
その感性には秀逸な物が在る。


これから私も、障害者の代表として、
懇談会の場で積極的に発言していきたい。

また、この会議で纏まった案を基に、
素晴らしい発表の場が用意出来れば、
と強く思い期待している。


約3年弱という任期を全うして、
地元の障害者福祉に一石を投じる様、
活躍出来ればと考えている。

まだ始まったばかりだが、
常に気を引き締め、頑張っていきたい。

数年後。
今回の計画が高く評価される事を願って。


という訳で、
このブログのメインである筈の
『怪異譚』の更新が
疎かになりつつある事を詫びつつ、
今回は此処で筆を置こうと思う。

肝心の『怪異譚』だが、
今温めているネタも数話あるので、
余り期待せず気長にお待ち頂きたい。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する