FC2ブログ
痛風男の備忘録
怪異譚に憑りつかれた、或る男の半生を綴ります。
オカルトの日
昼のラジオを聴いていたら、
今日が『オカルトの日』である事を知った。

調べてみると、
『1974(昭和49)年のこの日、
オカルトブームの火付け役となった
アメリカ映画「エクソシスト」が
日本で初公開されたこと』
を記念して制定されたそうだ。

参考:『東山凛太朗のブログ


私も子供の頃は、
よくホラー映画を観ていたが、

大人になるにつれ、
実話怪談の方に興味が移行した為、
映画は殆ど観なくなっていった。


昔のホラー映画は、
確かに面白かったと記憶している。

ただ情報社会の現代に於いて、
当時の『恐怖』をスクリーンに求めるのは、
無理があると思う。

寧ろ素人の寄せる怪異譚の方が、
リアリティーが在って数倍面白い。


時代とともに、人々の感じる『恐怖』は、
確実に進化している。

大掛かりな企画で魅せるよりも、
些細な出来事の中に隠れた『恐怖』を
SNS等で伝えていく方が、
よりリアルを感じて満足する物が
完成されるのではないか?


『オカルトの日』に、
ふと考えてみた駄文である。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する