FC2ブログ
痛風男の備忘録
怪異譚に憑りつかれた、或る男の半生を綴ります。
令和元年の終わり
早いもので、
今年も終わりを告げようとしている。


今年の初めに
このブログを立ち上げ、
様々な記事を綴って来たが、

中々の物が完成したのではないか?
自画自賛している今日この頃。

この調子で来年以降も、
(個人的な)『怪異の世界』を
綴っていければと思う。


(ブログを)立ち上げた当初は、
直ぐにネタ切れになると思っていたのだが、
意外とボチボチ更新を続けられている。

これも偏に、
こんな弱小ブログに付き合って頂ける、
読者の皆様の御蔭である。

出来れば記事の感想など、
寄せて頂けると、
管理人は小躍りで喜ぶと思うのだが・・・。


まぁそんな贅沢は言わず、
これからも淡々と、
更新を続けていければと思う次第。

怪異譚に季節は無い。
ふとした日常にそれは潜んでいる。

来年以降もアンテナを張って、
読者の皆様の心に響く様な話を
綴っていければと思っている。


怪異の世界は永遠である。
私自身もまだ知らない世界が、
存在するであろう。

それらを紐解く快楽に嵌った管理人が、
皆様を異界へと誘って行くブログ。
そんなサイトを目指している。


これからもお付き合いの程、
どうぞ宜しくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する